高知県における動物収容状況について

公開日 2024年04月09日

更新日 2024年07月17日

※こちらの情報は令和5年12月27日より定期的に更新し掲載しています。    

   

 高知県では、収容された動物の命を可能な限りつなぐため「収容期限」を設けず、施設の収容限界まで飼養を続けています。
 しかし、狭隘な施設の中で過密状態となり
適正とは言えない環境下での飼養が長期化することにより動物の受けるストレスが高まり、同一犬舎内の喧嘩の多発や世話をする職員への攻撃性が高まる等、収容動物、職員ともに危険な状態となっています。
 施設の収容限界を示すレッドサインが出ている状態の間は、やむを得ず殺処分の判断を行う場合があります。

 収容している犬の特性は様々で、元野犬や人の愛情を受けてこなかったことなどから人慣れができていないため、譲渡後、専門家によるトレーニングが必要な犬もいますが、時間と愛情をかけていただくことで一般家庭に迎えていただける譲渡候補犬もいます。これから動物の飼養をご検討されておられる方は、是非、収容されている動物達に会いに来ていただき新たな家族として迎えていただきますようによろしくお願いします。

この記事に関するお問い合わせ

高知県 健康政策部 薬務衛生課

所在地: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎4階)
電話: 企画担当 088-823-9577
医薬連携推進担当 088-823-9682
薬事指導担当 088-823-9682
食品保健担当 088-823-9672
動物愛護担当 088-823-9673
生活衛生担当 088-823-9671
ファックス: 088-823-9264
メール: 131901@ken.pref.kochi.lg.jp
Topへ